コムネのコミュニティガイド


巷にある様々なコミュティ活動。
グルメ、街歩き、アート、日本文化といった趣味に通じるものから、ビジネスに軸を置いたものまで、多種多様なコミュニティが存在する今。

知識の幅を広げるもよし。人の輪を広げるもよし。
自分に合う「コミュニティ」見つけ、飛び込んでみるための、「コムネのコミュニティガイド」をお届けします。

「食」という身近なテーマだからこそ、参加しやすい。グルメコミュニティの今。


Facebook、mixiといったSNSから、WEBの掲示板に至るまで、コミュニティの中でも圧倒的な数を誇るのが「グルメコミュニティ」です。

WEB上での情報交換のみならず、お店に足を運んだり、レシピをもとに料理会を開いてみたり、オンオフの両軸で楽しめるのが、グルメの強み。

その中でも今回は、改めてのおさらいの意味も込めて、企業が提供するサービスをご紹介します。

グルメ系サイトの王者「食べログ」が運営する、グルメコミュニティ


飲食店を探すとき、必ずと言っていいほど目にするであろうサイトが「食べログ」です。

サイト利用者が口コミとしてお店の評価するのは、誰もが知っていることですが、この食べログに「コミュニティサイト」があることをご存知でしょうか?

レストラン・取り寄せという2つのカテゴリに分かれ、全国津々浦々ごとに掲示板が作られ、日々ユーザーからの情報提供がされているこのサイト。

ただ情報を書き連ねるだけでなく、食べログ内の名店に足を運ぶためのコミュニティも数多く存在しています。食べログユーザーが、好きな飲食店、好きな食材で繋がれるため、サイトのアクティブが高いのも魅力の一つ。

グルメ好きなら、一度は顔を出してみてはいかがでしょうか

▼公式サイトはこちら
http://c.tabelog.com

飲食店予約サービスの「トレタ」が運営する、食の未来アカデミア


「食の未来アカデミア」は、食に関するエッジの効いたテーマを掲げて、それについて様々な角度から知り、議論をしていく新しい学びの場。一人ひとりの想いやアイデアから食の未来が生み出される、そんな拠点を目指しています。

ラボと呼ばれる3つのテーマは、「食とITのイノベーション」「食ビジネスを企画する」「食を通じて考える新しい働き方」とどれも最新トレンドを押さえたものばかり。
外食や中食に従事している人はもちろんのこと、これから飲食を始めようと検討している人にもぴったりのコミュニティです。

ビジネスとしての「食」に興味のある方は、ぜひイベント参加などから始めてみてはいかがでしょうか?

▼公式サイトはこちら
http://shoku-academia.jp

食べることが好きな人をつなぐ「みん食」コミュニティ、Kitch Hike(キッチハイク)


キッチハイクは、食べることが好きな人がつながるコミュニティサイトです。

みんなでご飯を食べる場、食をきっかけにつながる機会、新しいコミュニケーションの形を提供します。

料理を作りたい人と、その料理を食べたい人が繋がり、次々と新しいコミュニティが生まれていく、新しい仕組みです。

日本全国、開催される場所も増えてきていますので、自分の住まい周辺で開催されるコミュニティイベントがないか、一度チェックしてみるのもいいかもしれません。

▼公式サイトはこちら
http://kitchhike.com

 

食を通じて広がりを見せる、コミュニティビジネス


今回紹介した以外にも、食を中心としたビジネスは広がりを見せています。飲食店の予約サービスから、店舗の口コミ、レシピ動画など、その領域は増え続け、「コミュニティ形成」を目的としたサービスも増え続けています。

コミュニティビジネスを学ぶ上でも、まずは参加しやすい「グルメ」をテーマにしたコミュニティに飛び込んでみてはいかがでしょうか?