70歳と30歳が知の共有をするコミュニティ「PARTNER AGE PROJECT」


amidusアミダス)が運営するプロジェクトのひとつに、「PARTNER AGE PROJECT(パートナーエイジプロジェクト)」があります。

このプロジェクトは、足して100歳になる年齢同士で先人の知恵と若いカルチャーを行き来することで、若者もシニアも共に自身を磨いていこう、そんな思いが込められています。

今回は、30歳と70歳のパートナーエイジが東京・六本木に集い「知の共有会」を実施しました。
その模様を3回に渡ってお届けします。

---前編の記事はこちら

 

70代が30歳に戻れたら。30代が70歳になったら。お互い、どんな仕事がしたい?


amidus――自己紹介も終わったところで、本題に入っていきたいと思います。70歳の皆様は30歳に戻れるのなら何をやるか何をしたいか、30歳のみなさんは70歳になったらどうしていたいか。「仕事」「家族」「趣味」の3つの軸で考えてみてください。

70代音楽家--僕が「仕事」って考えたら、大家で家賃収入しか思いつかないですね。30歳の頃はその先が不安だった。想像がつかないと本当にどうなってるかわかんないし、分からなくなる。だから、これが不安とかここが不安とか「不安」がつきない。だからこそ家賃収入っていう安定が欲しいと思いますね。

70代サラリーマン-- 僕は、飲食店出店を出したいですね。田舎から、それが希望で本当は東京に出てきたんですよ。飲食店を出すまでは結婚するのはやめようと思ってたくらい。最低でも30ぐらいで結婚すればいいかなって。結婚と同時に一緒に店を出そうかなっていうのが希望だった。

でも、結婚したのが早かったんですよね。そうしているうちに子供が生まれて、店なんか頭の中に閉じ込められてしまって、生活やっていくのが精一杯の時代と流れだったんです。だから、本当に30歳に戻ったら店を出したい。それが本当の希望ですよ。まだね、夢はあるんです。

amidus--30歳に戻ったらしたいと思っていることを、70代の今、やろうとしているって、すごいエネルギーですね。

70代サラリーマン--そう?今からね、 ちっちゃい小料理屋でもいいから店を出したい。年金と、 ちょっとした売り上げがあればいいかなと思うくらいなんですけど。そういうのが、 仕事ではしたいなと思っています。

amidus--逆に30代のみなさんは70歳の時に何をしてたいですか?

30代デザイナー--僕は海外を飛び回る仕事をしていたいです。飛行機も大好きなんで、オーナー業とかやりながら、海外を転々としたい。家族も似たような形で、いろんなところに土地とか部屋を持って、好きな時に家族と出かけるような生活ができたらなって。アクティブに動き回るのが夢ですね。

30代映像制作--僕はとにかく貯金が苦手で、定年退職後が不安なんですよね。なのでしっかりした奥さんをもらおうかと笑。仕事という話でいうと「おじいちゃんYouTuber」になりたいです。

実は僕、今人気の You Tuber が嫌いなんですよね。楽してお金を稼いでるというか、僕が映像制作を仕事にしていることもあって、どうしても理解できないというか。でも、70歳になったらもう少し、丸くなってるのかなって思って。
仕事は退職しなくちゃいけない年齢かもしれないし、もしかしたらちょっとやってみるかって思えてるかもしれない。なのでチャレンジの意味も含めて書きました。

amidus――今上がった30代の意見を聞いて、70代のみなさんは、時代の違いを感じられますか?

70代音楽家--
違いますね。例えば世界を飛び回る仕事ていうのがね。やっぱり私は日本から出られなかったので。YouTuberも発想にないですね。世代が違うとこんなにも違うんだというのをすごく感じます。

amidus--ではもう少し「仕事」っていうところで見ていきましょうか。

30代公務員--僕、今の仕事は楽しいって思うことがほとんどないんですよね。だから、70歳になったら好きなことを仕事にしたい。僕は香川が好きで、美術館とか、会期中に結構行くことも多いんです。だから、大好きな香川でオリーブ農園を始めたいですね。

70代音楽家--僕は今と同じ、歌手以外考えられないです。初志貫徹ですね。

70代日本画家--30歳に戻れるなら、別の業種のデザイナー をやれるものならですね。今思うと、やれる時間ってものすごい短かかったんですよ。

30代事務員--私はみなさんと少し違うんですが、70歳になったら、とりあえず退職していたいです笑。働くのが嫌というわけではないんですが、自分の好きなことを気ままにしていたいという思いの方が強いですね。

amidus--では、家族・趣味の軸だとどうですか?

70代日本画家--これまで節目節目で、色々ありましたね。私は21で結婚しました。1ヶ月前に結婚しようと話しすぐですね。主人とは6歳と離れていて、今子供が3人います。

一つだけ思うのは、もし私が30歳に戻っても、やっぱり今の夫と同じような性格というか、似たような人を選ぶんだろうなって思うんですよね。出会い方が違っても、多分選択するとおもいます。

amidus--それは素敵ですね。今70代のみなさんから上がってきたものを見てみると、70歳になった今、30歳に戻っても「同じ」「変わらないことを選ぶ」というのが印象的でした。
ひょっとしたら、みなさんが有意義に1年1年、歳を重ねてきたことにあるのかもしれません。

逆に30歳のみなさんは今実現できていないことを70歳で実現したい、というのが多く上がっていました。

後半では、これまで出てきた意見とともに「結婚」という人生における大きなターニングポイントについて語ります。

足して100歳になる年齢同士で、 先人の知恵と若いカルチャーの行き来をしよう【前編】